天【83点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
83 3 9 9 9 8
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
10 8 9 8 10

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 「アカギ」が福本作品の代名詞の一つであると言われているが、その主人公である赤木しげるはこの「天」という作品のスピンオフである。まさに「天」を知らずして「アカギ」を語ることは出来ず、そして「天」を読むことによってこの人物の偉大さを再認識させられる。
 多分にもれず、福本マンガの面白さが詰め込まれているこの作品。単なる麻雀マンガと思いきや、物語の後半は全く新しい仕掛けが施されている。この作者の引き出しはいったいどれだけあるのだろうかと考えさせられてしまう。赤木しげるというマンガ史に残るキャラクターをぜひこの作品で堪能してもらいたい。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

◆この作者の他作品◆
銀と金【82点】
アカギ【67点】
賭博覇王伝零【76点】
カイジ賭博黙示録(カイジvol1)【82点】
カイジ賭博破戒録(カイジvol2)【81点】
カイジ賭博堕天録(カイジvol3)【74点】
カイジ堕天録和也編(カイジvol4)【72点】

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  3点

絵としての評価は難しい。
この作者のどのマンガも同じ評価。

ストーリー  9点

一見、普通の青年であるひろゆきが裏の麻雀打ちの世界に足を踏み入れ、そこで輝く男たちに魅せられながら成長する。
見るもの全てを引き込んでいくキャラクターとストーリー。

キャラクター  9点

赤木しげるというキャラクターを引き立たせるために、他の全てのキャラクターがいるのではないかと思わされる。
それだけこのキャラクターには魅せられる。

世界観  9点

おじさん同士がただ麻雀を打つというだけで、これだけの世界を描けるのかと感動する。
天牌」というマンガ同様、人間ドラマと心理が濃く描かれている。

読みやすさ  8点

絵は決してうまいとは言えないが、動きの少ないテーマであるために障害とはならない。
サクサクと展開が進むために読みやすさは高評価。

意外性  10点

麻雀を打つだけのストーリーで、これだけの意外性をどうやって生み出しているのだろうか。
この作者のマンガはどのテーマでも意外性がほぼ満点である。

臨場感or迫力  8点

もはやだれもが知るところとなった「ざわざわ」という擬音。
これを書かずにあらわすのがマンガ家であろうが、それを超越するほどの存在感である。

お薦め度  9点

アカギというマンガの方が有名だが、それはこの天というマンガのキャラクターである赤木のスピンオフである。
まずはこちらを読んで赤木という人物がどれほどのものかということを感じてほしい。

全体性  8点

後半、赤木しげるの安楽死のテーマで全く麻雀とはかけ離れてしまったので減点。
それでも赤木しげるという存在を改めて意識すると、全体としてこれで良かったのではと思わされるところもある。

面白さ  10点

面白さは間違いない。
麻雀マンガとして、そして死生観を考えるマンガとして二度楽しめる。

合計  83点

 麻雀マンガといえばこの「天」と「天牌」が私の中では圧倒的である。赤木しげるという輝く存在感のキャラクターはこの物語で誕生している。
 「アカギ」しか読まずに、赤木しげるを語るということは菊池と丸が活躍し始めてから広島カープを語るようなものである。私としては全く認められない。
ひろゆき、天、僧我、原田といった個性的なキャラはいるのだが、全てが彼の前では引き立て役でしかない。彼の生き方に酔いしれてもらいたい。

個人的な見所

 麻雀の観戦者がしっかりと口に出してしゃべっていたり、思いっきり顔に感情を出している所などつっこみどころは満載である。麻雀の普遍的なルールすら変えてしまいかねない特殊なルールでの戦いは、読んだら必ず一度はやりたくなるはずだ。
 そして、僧我大明神の一発ツモを赤木が宣言通り撃破したシーンなど赤木が次はどんなことをするのかに注目せざるを得なくなってしまう。見所は本当にたくさんあるマンガなのでぜひ読んでもらいたい。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]