銀と金【82点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
82 3 10 8 10 8
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
10 8 9 7 9

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 福本作品の中でひときわ異彩を放つのがこの作品。
 裏社会でのし上がっていく平井銀二に憧れる主人公の森田鉄雄は「銀」とよばれるその男に追いつき「金」と呼ばれることを夢見る。
 多分にもれずギャンブル中心の内容なのだが、政治的な内容も盛り込まれておりややリアルな内容になっている。連載していた時期がかなり昔なので時代遅れの表現はあるが今読んでも十分の読みごたえである。ギャンブルの内容も麻雀や競馬と分かりやすいテーマで行われ、福本作品の最大の魅力である相手の意表をつく展開で勝ちをおさめる。 「アカギ」や「カイジ」とは違った福本ワールドを味わってもらいたい。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

◆この作者の他作品◆
天【83点】
アカギ【67点】
賭博覇王伝零【76点】
カイジ賭博黙示録(カイジvol1)【82点】
カイジ賭博破戒録(カイジvol2)【81点】
カイジ賭博堕天録(カイジvol3)【74点】
カイジ堕天録和也編(カイジvol4)【72点】

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  3点

福本マンガの絵には全て3をつけている。
絵としての評価は難しい。

ストーリー  10点

これで絵もうまければ教科書に載るのではないかと思うくらい、ストーリーには引き込まれる。
子どもの頃、政治に全く興味がなかったが、これをきっかけに考えてみようと思うようになった。

キャラクター  8点

赤木を彷彿とさせるというか、まさに赤木である銀王こと平井銀二のキャラはすばらしい。
他にもまさに鷲巣そっくりである蔵前など忘れようのないキャラクターがそろう。

世界観  10点

独特の世界観は相変わらず。
ギャンブル一辺倒ではないところが他の福本作品よりおもしろい。

読みやすさ  8点

話はテンポよく進んでいくために読みやすい。
神威家の話は短くても良かったのでやや減点。

意外性  10点

意外性がウリの福本マンガ。このマンガもまさに意外性のオンパレード。
意外性をふりかけて意外性を食べているような作品。

臨場感or迫力  8点

絵としての評価が低いのに、ここまでの臨場感を出せるのはすばらしい。
心理の描写を丁寧に行ってこその高評価。

お薦め度  9点

お薦めのマンガはと聞かれると、マンガ好きにはこのマンガを薦める。
やや読み手を選ぶのでわずかに減点した。

全体性  7点

大きく広がりそうな展開だったのだが、未完のまま現在に至る。
成り上がっていく物語としてまとめてほしかった。

面白さ  9点

面白さは文句なし。ギャンブルだけではない駆け引きを楽しめる。
福本マンガの中では異色の作品。

合計  82点

 数多くある福本マンガの中でも異色の作品である。女性がストーリーにからんでくるのは大変めずらしい。
 仕手戦、セザンヌ、ポーカー、蔵前麻雀ととてもおもしろかったのだが、神威の話がもったいない。個人的にあの話は必要なかった。そこからの競馬勝負があり、また盛り上がっていくかと思いきやの休載。もう再開することはないのかもしれないが、ハンターハンターと同じくらい納得のいく形でまとめてほしいと切望する作品である。

個人的な見所

 「神は小賢しい若者を嫌っておる」
 「積もう肘の高さまで」
 など思わず日常で何とかして使いたくなる名セリフにあふれている。青天井のポーカーは、もはやポーカーと何の関係もなくなってしまうが非常に楽しめた。
 カイジや赤木しげるを語るのならば、「銀と金」それに「」を読んでからにするべきだ。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]