傷だらけの仁清【75点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
75 8 7 10 7 8
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
6 8 8 6 8

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 集英館組に所属していた元ヤクザである永井仁清は強靭な肉体を持ち、素手のみで戦うことにより「ステゴロ仁清」と呼ばれていた。彼は親に要らない子としてごみ置き場に捨てられた過去を持つことにより、人との絆を求め、そして名前の通り仁を大切にして清く生きる人間であった。川で溺れていた警察局長の娘円城寺あゆみを助けたことが縁になり、組を去った後は円城寺家に勤め自分の居場所と大切なものを得たかに思えたが、警察局長である円城寺正義や仁清を狙うものたちによって様々なトラブルが襲いかかる。
 どんな時でも清く正しくまっすぐに生きる仁清という主人公。圧倒的な強さを兼ね備えているからこそ自分の主張を通せると思ってしまうかもしれない。しかし彼ほど強くない私たちでも貫ける信念はたくさんある。彼の生き方から吸収できるものが数多くあるはずだ。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵   8点

男くさい絵として高評価。
バトルシーンもさすがの画力。ベテランとしての安定感がある。

ストーリー  7点

ストーリーはヤクザものとして、そこまで特筆するものはない。
ただ、主人公の名前の通り「仁義」に関する内容でブレずに最後まで書ききったのは素晴らしいと言える。

キャラクター  10点

主人公の仁清のみで満点。マンガのキャラだなと思うのだが、男はまさにこうあるべきという姿を見せてくれる。
キャラクター順位の中でもかなり上位に入ってくる人物である。

世界観  7点

よく出来てはいるのだが、良くも悪くも「仁義」一本勝負。
分かりやすいと捉えるか単純と捉えるかは人それぞれだろう。

読みやすさ  8点

絵がまとまっており、ストーリーもブレないために読みやすい。

意外性  6点

主人公が仕える主人が死ぬことが分かっていて読み進めるという不思議なマンガ。
内容に意外性はあまりない。

臨場感or迫力  8点

バトルシーンはさすがの迫力。
タフのようなバトルの攻防はないが、それでも迫力満点である。

お薦め度  8点

表紙だけ見ると男くさいマンガに見えるが、まさにその通り。
頼りない男が多い中このマンガを読んで頼れる男を目指してほしい。

全体性  6点

全体としてはどこに向かっていくのかが分からない。
ダラダラと続いたりはしないのだが、まとまりとしては平均点くらい。

面白さ  8点

他のマンガとは一味違ったマンガである。
読む価値は十分にある。

合計  75点

 一般受けは難しいと思うが、ぜひ読んでもらいたいマンガである。大人になるにつれて忘れていってしまったものや、考えなくなってしまったものを思い出させてくれる。読めば読むほど、主人公である「永井仁清」の長い人生がタイトルの「傷だらけの仁清」という傷だらけの人生であったことが分かる。そして身体に刻まれていく傷に加えて、心に負ってしまう傷にも注目してもらいたい。

個人的な見所

 いろいろ自分として参考にするべき個所がある。その中でもトイレ掃除を真剣にやっている描写に心をうたれた。汚い場所こそ一番きれいにするということを分からせてもらった。また、だれかに仕えてその人に全てを捧げるという姿も美しいものだと思わされた。かっこよく生きるために仁清の生き方を参考にさせてもらおうと思う。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]