闇金ウシジマくん【80点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
80 6 10 7 9 7
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
7 7 9 9 9

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 10日で5割の金利がつく闇金融会社カウカウファイナンス社長である丑嶋馨(うしじまかおる)のもとには金を借りに様々な客が訪れる。暴利で借りなければいけないところまで転落した客と、どんなことがあっても貸した金をとりたてる丑嶋馨率いる闇金融会社の物語。
 ヤンキーやホスト、普通のサラリーマンからヤクザまで多種多様な背景をもつ人間を取り巻く環境が闇金融を通して語られる。これらの話は決してフィクションではない。表にはでないこの国の裏の部分を今あなたは体感することが出来る。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  6点

絵はうまいとは思わないが、ストーリーとうまくマッチングしている気がする。
背景の書き込みはやたらすごい。

ストーリー  10点

ある職種の人間ドラマをしっかりと見せてくれる。
作者の取材力と構成力に脱帽。

キャラクター  7点

ストーリーがしっかりとできているために、そこに登場するキャラクターも特徴的。
多様な職種のストーリーが描かれるので、主要メンバーの印象がどうしてもうすくなる。

世界観  9点

ストーリーごとにその世界に引き込まれる。
心理的描写を細かく描いているので、読み手が疑似体験しているような感覚になる。

読みやすさ  7点

絵にクセがあるが、読みやすい方だと思う。
ややグロいシーンもあるので好き嫌いは分かれるだろう。

意外性  7点

通常、生活していたらみることのできない世界をのぞけるので意外性はある。
コワモテの主人公がウサギ好きという設定が好きだ。

臨場感or迫力  7点

非人道的な行為の描写があるのだが、それらのシーンの臨場感がある。
修羅場を何度も体験できるマンガ。

お薦め度  9点

間違いなく読んで損はしないのだが、好き嫌いが分かれる描写のため読み手を選ぶ。

全体性  9点

様々なストーリーが短く簡潔にまとまっている。
惰性で続く個所などはほとんどなく全体としてまとまっている。

面白さ  9点

評価しにくいがおもしろいマンガである。
常に新しいものを提供してもらえるので新鮮なのだが、主人公が全く登場しないシーンもあるので何を読んでいるのかわからなくなることもある。

合計  80点

 一言で言うとおもしろいのだが万人受けはしないマンガ。 しかし間違いなくお薦めしたいマンガである。 マンガを読むことによる爽快感や充実感などは全く得られない。むしろ読み終わったあと重たい気分になれる。 それがまたハマるのである。
 何かおもしろいマンガは?と聞かれたらこの作品を薦めることが多い。 これを読むか読まないかでわかることもある。 多様な現代社会の備忘録として世の中にひろまってほしい作品である。

個人的な見所

 自分がここにいたらどうなるだろうか
 自分がこの立場だったらどうふるまうだろうか
 そんなことを考えながら読んでいる。 破滅はいつもすぐそばにいるような気がしている。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]