I”s(アイズ)【79点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
79 10 8 8 8 8
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
7 7 8 6 9

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 高校2年生の主人公瀬戸一貴は同じクラスの葦月伊織のことを好きになるが、その思いを伝えられず高校生活を送っていた。そんな中、偶然仲良くなることができるチャンスが訪れ、少しずつ距離が近づいていく。しかし彼の恋路を様々な苦難が襲う。一貴に協力的な同級生の寺谷の力も借りながら彼は夢を叶えるために奮闘する。
 少年マンガとしては珍しい直球型の恋愛マンガ。SF作品を得意とする作者だが、そういった要素は全く登場せず、主人公である一貴の心情を丁寧に描く。男ならだれもが抱く恋愛の表情を一つ一つしっかりと表現してくれるこのマンガはふだんバトルマンガしか読まないあなたにもぜひ手に取ってもらいたい。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  10点

絵は最も好きなマンガである。
やさしくストーリーにも適した絵で、キャラの描き分けも問題ない。

ストーリー  8点

好きな女の子と付き合うために一生懸命に頑張るという分かりやすくそして感情移入しやすいストーリー。
だれもが主人公にいらだちを覚え、だれもが主人公に同情をするといった心を揺さぶられる展開。

キャラクター  8点

ヒロインのみでこの点数。 こんな女の子がこの世に存在するのかというほどのかわいい女性。
主人公の友人である寺谷もすばらしい男性であることを付け加えておく。

世界観  8点

身近にあるが手の届かない、微妙な距離感の世界を作り上げている。
主人公が作り出す世界にいつの間にか入り込んでしまう。

読みやすさ  8点

絵が素晴らしくストーリーも分かりやすい。
登場人物が飽和せずにうまく保っている所が好印象。

意外性  7点

恋愛マンガのために随所に意外性が散りばめられている。
寺谷が女の子をフった場面は、いろいろなことが考えられておもしろい。

臨場感or迫力  7点

何度か告白するシーンがあるのだがそういったシーンは臨場感を感じられる。

お薦め度  8点

男子向けの恋愛マンガとしてお薦めできる。
何気ない日常をしっかりと描写できるのは素晴らしい。

全体性  6点

クライマックスにあまり良いイメージがなかったので、この評価となった。
ここまで引っ張って、二転三転したので、もう少し最後は落ち着いて終わっても良かったのでは。
幸せなシーンの描写がもう少し欲しかった。

面白さ  9点

文句なくおもしろい。
ちょうど学生の頃に読んでいたが、男子校の自分としてはなかなか思うところは多かった。

合計  79点

 何とも不思議な気持ちにさせられるマンガである。 そして、両想いの二人の関係を微妙な距離感のままここまで引っ張ることができる作者に脱帽。 主人公がダメダメなのが、また読者をひきつけるのではないかと思う。 読むと一気に学生気分に戻してくれる貴重なマンガである。

個人的な見所

 ヒロインがもはや手のつけられないくらいかわいいと思ってしまう描写がある。 芸能界に入った時は、手の届かない場所に行ってしまったという、主人公と同じ悲しい気持ちになったことを覚えている。
 寺谷の活躍も忘れてはいけない。 あそこまでおせっかいをしてくれるのは何か理由があるのではと勘繰りたくなるほど。 実はヒロインを主人公と同じように好きだったなど、何か理由があってもおもしろかった。唯一、購入して読破している恋愛マンガである。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]