クローズ【71点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
71 6 7 7 7 8
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
6 7 8 7 8

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 不良のたまり場であり、カラスの学校とよばれる鈴蘭男子高校。校内ではケンカが絶えず力のみが頼れるものであるそんな学校に金髪でスカジャン姿の転校生があらわれる。彼の名は坊屋春道。彼はその圧倒的な実力で校内の猛者たちを倒し、他校からも狙われる存在となっていく。
 男ならだれもが強さに憧れて最高の男になることを夢見ただろう。そんな最高の男がこの作品の主人公。普段はバカなことばかりでどうしようもない男だが、自分の大事なものを守るためなら無類の強さを発揮する。彼の自由な生き方とかっこよさを味わってもらいたい。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

◆この作者の他作品◆
ワースト【80点】
QP(キューピー)【71点】

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  6点

絵はなんとか平均点。 連載当初の絵は、今読むとかなり古い時代のマンガに思える。
終盤に近付くにつれて、だいぶ良くなってきた。

ストーリー  7点

良くも悪くもヤンキーマンガ。
特に目立ったストーリー展開はないが、見せ方は上手であるためにおもしろい。

キャラクター  7点

次作のワーストに比べて、キャラクターがやや弱い。
良い味を出すキャラは多いのだが、次作と比べるとこの評価になる。

世界観  7点

ヤンキーマンガの王道の世界観。
クローズからワースト、そして他作品もあわせて作者の世界観を感じることができる。

読みやすさ  8点

話はわかりやすく、テンポよく進む。
切れ味よく、読みやすいマンガである。

意外性  6点

勝つべき人が勝つので意外性は少ない。
ただ、それがマンガへの低評価にはつながらない。

臨場感or迫力  7点

どうしても次作の方が画力を感じるためにこちらの作品の点数は伸びない。
萬侍帝国の話は臨場感タップリだった。

お薦め度  8点

ヤンキーマンガの王道であるこの作品は読んでおくべき。
次作のワーストが10倍おもしろくなる。

全体性  7点

全体としてまとまっている方だと思う。
長くひっぱらずに最終話を迎えることができた。

面白さ  8点

やはりおもしろいマンガであることはゆるぎない。
ヤンキーマンガのバイブルとして目を通しておくべきだろう。

合計  71点

 映画になり、他の作者によってマンガになり、ゲームにもなっている。 名作ではあるのだがあまり点数が伸びなかった。 リンダマンまでを1部とするならば、私は圧倒的に2部の方がおもしろい。 このマンガの魅力はキャラクターの見せ方だと思っている。 ケンカシーンに変化をつけることは難しいために、それまでのキャラクターのエピソードなどで どれだけ魅力を演出できるかにかかっている。 その点がワーストギャングキングに劣っているように感じる。

個人的な見所

 ゼットンというキャラクターが魅力的である。ワーストにも出てくるが圧倒的な魅力を感じる。 このゼットンというキャラが言ったこのセリフが素晴らしい 「九頭神竜男が最強の男なら坊屋春道は最高の男よ! たかが最強程度で最高に勝てるわけがねーだろうが!」 これは一生忘れない名言になった。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]