賭博覇王伝 零【76点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
76 3 10 5 8 8
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
10 7 8 8 9

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 頭脳明晰で冷静沈着、正義感も強い主人公の宇海零は振り込め詐欺グループから金を強奪し被害者に返すという義賊として活動していた。しかし、零の忠告を聞かずヤクザに捕まってしまった仲間を助けに行った場で、在全グループの総統である在全無量に出会い、ドリームキングダムへの参加を強制させられてしまう。それはギャンブルの王を探す大会であり、命の危険を伴うものだった。
 得意のギャンブル作品だが、少年誌ということで展開も早く分かりやすい内容になっている。当然、独特のセンスが活かされたギャンブルが行われ、さらにテンポの良いストーリーはカイジとは違った面白さがある。安定の福本作品として読んでおくべきである。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

◆この作者の他作品◆
天【83点】
アカギ【67点】
銀と金【82点】
カイジ賭博黙示録(カイジvol1)【82点】
カイジ賭博破戒録(カイジvol2)【81点】
カイジ賭博堕天録(カイジvol3)【74点】
カイジ賭博堕天録和也編(カイジvol4)【72点】

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  3点

他の作品と同じく絵での評価はない。

ストーリー  10点

ストーリーは文句なし。
最新の喜十郎の話はどうかなと思うが、満点とした。

キャラクター  5点

キャラクターはあまり印象がない。
零と標しか覚えていない。キャラクターよりも内容で勝負するマンガである。

世界観  8点

こういったギャンブルを単発でやっていく話はおもしろい。
ギャンブルで油田の権利を勝負するといった世界観はおもしろい。そのような話がまだ全然でてこないので期待を込めてこの点数にした。

読みやすさ  8点

話がテンポよく進むので読みやすい。

意外性  10点

全ての福本作品で言えるが、意外性は文句なし。
読んで損をしない作品である。

臨場感or迫力  7点

一つ一つのゲームはとてもおもしろく迫力があるが絵の評価を加味してこの点数。
相変わらず生命の危機に瀕するギャンブルが多い。

お薦め度  8点

命を賭けたギャンブルだがさっぱりした印象になっていてお薦めできる。
ただ連載再開がいつになるのか分からないので減点。

全体性  8点

短くまとまっており好印象。
ぜひこのまま続けてもらいたい。

面白さ  9点

後半にやや失速したが、様々なゲームが行われるのはとてもおもしろい。
同じギャンブルマンガだが、カイジとは違った世界観が描かれている。

合計  76点

 少年マガジンに連載されるだけあって、カイジとは違う爽快感を含んだ作品に仕上がっている。 カイジはもう少し暗いイメージがある。 命を賭けたギャンブルも多いが、やや平易なものになっており読みやすい。
 不安材料としては、ストーリーが進むにつれて一つ一つの話が長くなっていく定番の流れと連載再開から終了までどれくらい時間がかかるのかということ。いくらなんでも同時並行で連載しすぎである。

個人的な見所

 小太郎とのゲーム勝負はとてもおもしろかった。 クイズをマンガで描いても面白くならないと思っていたが、福本作品だとこのようになるのかと思わされた。 自慢でも何でもないが、最終ゲームの宝探しは私でも答えがわかった。 みなさんもぜひ考えてみてほしい。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]

6コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です