こちら葛飾区亀有公園前派出所【81点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
81 6 10 9 10 8
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
5 8 8 7 10

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 200巻という前人未到の記録をうちたてて優秀の美を飾った日本を代表するマンガ作品。後にも先にもこれだけ愛された作品は出てこないのではないかと思わされる。
 葛飾区亀有公園前派出所で勤務している両津勘吉と周りの仲間たちが繰り広げる一話完結型のギャグマンガ。超長編マンガのために時代を感じることができ、笑いあり涙あり、そして作者のマンガ家としてのプロフェッショナルを感じることができる作品に仕上がっている。
 200巻全てを読むのは抵抗があるかもしれないが、どこからでも構わないのでこち亀ワールドをのぞいてみてほしい。きっと200巻しかないと思うはずだ。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  6点

絵としては平均点。
超長期連載なので絵が大きく変化している。個人的には50~100巻あたりの絵が好みである。

ストーリー  10点

よくもこれだけ毎回違った話をかけるなということで満点。
両さんが多趣味で賢いためにある種のテンプレートはあること、同じようなストーリーもあることを差し引いてもすごい。

キャラクター  9点

初期のキャラがいまだに愛され続けるということはキャラクター作りがうまいとしか言えない。
初期と現在ではキャラクターの性格が全く違うのだが、それも一つのおもしろさである。

世界観  10点

こち亀という一つの世界観を作り上げた。
文句なく満点である。

読みやすさ  8点

ほとんどが一話完結型で、いろいろな味付けがされている。内容と絵をあわせてとても読みやすい。
おもちゃや人形などマニアックな話にあまり興味がないのでやや減点。

意外性  5点

意外性はほとんどない。
それが逆にこち亀として安心できるところではあるが、この項目としては低評価にならざるを得ない。

臨場感or迫力  8点

この項目を求めるマンガではないのだが、人情話は思ったよりも引き込まれる。
普段のストーリーとのギャップが良い。

お薦め度  8点

間違いなく読んでおくべきマンガである。

全体性  7点

全体としてはまとまっている。
やたら一つのジャンルに偏る時もあるが、これだけ長く続けばそういった時もあるだろう。

面白さ  10点

面白さはもちろん満点。
老若男女だれもが楽しめる国民的マンガ。

合計  81点

 もはや語る必要もないほどの有名なマンガである。水戸黄門のような分かりきったカタルシスを求めてこのマンガの世界に入ってしまう。一話完結型なのに、休みなくこれだけの超長期連載を続けることができる人間がこの世にいるだろうか。たまにこち亀内の設定におかしなところがあるとつっこむ人たちもいるが、そんなことは全く気にしない。もっと素直にこち亀ワールドにつかってしまえば良いだろう。間違いなく疲れた身体を癒してくれる。

個人的な見所

 カタ屋を題材にしたり、パチンコを題材にしたゲームの話がおもしろすぎた。内容はぜひ読んでから知ってもらいたい。 あれほど笑ったマンガはない。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]