アイシールド21【79点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
79 8 8 9 8 9
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
6 7 9 8 7

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 これがスポーツ漫画の王道という表現が正しいと思う。古くさすぎず、突拍子過ぎず、毎週毎週安心して読んでいられた漫画だった。ジャンプらしく、最初は頼りない主人公が頼もしく成長していく姿が、アメフトを題材にして見事に描かれている。アメフトなんて知らないという人もついつい引き込まれてしまうことは間違いない。
 弱小チームの泥門デビルバッツが逆転に逆転を重ね、試合を勝ち進んでいく。圧倒的な実力を持った相手、神龍寺ナーガ戦。だれが考えても結果は明らかだった。この戦いを一言で表すのなら、「才能への挑戦」であろう。圧倒的な才能を持った相手にいかに挑むのかというのがこの漫画のテーマのように感じる。戦略を考える蛭魔とともにこの言葉をぜひ実感してほしい。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  8点

格別うまくはないように感じるが、すっきりしており読みやすい。
ジャンプらしく高評価。

ストーリー  8点

最初から最後までうまくまとめた印象。
最後のアメリカ戦のみ少しマイナスした。

キャラクター  9点

なんといっても蛭魔のキャラがすごく際立った。
一人一人のキャラクターにも感情移入できたのでこの評価。

世界観  8点

アメフトを知らない人でも、すんなりその世界に引き込まれる。
日本ではマイナーなスポーツを見事に描いている。

読みやすさ  9点

試合の長さも短すぎず、長すぎず読みやすい。
巻数の割にサクサク読める。

意外性  6点

スポーツ物で意外性のポイントを上げるのは難しい。
1プレイ1プレイの作戦には何度も驚かされた。

臨場感or迫力  7点

コマの使い方はうまく感じた。
試合の臨場感も感じるが、絵の雰囲気と若干違う気がするので少し減点。

お薦め度  9点

自分の中で、スポーツ漫画でお薦めするといったらまずこれを挙げる。
万人受けする内容であろう。

全体性  8点

主人公の成長もわかりやすく、試合の長さもバランスが良く、高評価。

面白さ  7点

毎回蛭魔が考える戦略が面白い。なるほど!と何回もなった。
後は、個人的に適度にギャグが入っているのが好きである。

合計  79点

 スポーツ漫画の中で、最も何回も読んだ漫画かもしれない。王道のスポーツ漫画のような気もするが個人的にすごくはまった漫画である。なんだろう、安心して読める漫画の代表格というべきか。自分の知らないスポーツを楽しませてくれたという意味で、大好きな漫画の一つである。

個人的な見所

 神龍寺ナーガ戦での雪光の活躍は好きだった。自分も運動神経ないほうなので、ああいったキャラが活躍してくれるのは本当にうれしかった。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]

1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です