プレイボール【74点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
74 6 7 8 7 9
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
6 6 8 8 9

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 中学時代の試合で無理をしたせいで指の骨折から曲がらなくなり野球ができなくなってしまった主人公の谷口タカオはサッカー部に入部することになる。持ち前の運動神経と努力によってみるみるうちにサッカーは上達していく。しかし彼の中で野球に対する思いが忘れられず、結局野球部に入部することになる。しかしその野球部は毎年1回戦負けの弱小野球部だった。
 前作キャプテンの主人公である谷口タカオの高校でのストーリー。良さはそのまま引き継ぎ、内容はさらにパワーアップしている作品である。前作で馴染みのあるキャラクターたちも後に入部してくるなどファンを楽しませてくれる仕掛けもある。未完となってしまった作品ではあるが、ぜひ最後まで楽しんでもらいたい。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

◆この作者の他作品◆
キャプテン【74点】

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  6点

可もなく不可もなくといった印象。
描き込みすぎずあっさりとしている。

ストーリー  7点

前作に引き続きスポ根野球マンガ。
ひたむきな努力で上を目指す単純なストーリー。

キャラクター  8点

新しいキャラと前作の懐かしいキャラの融合がとてもうれしい。

世界観  7点

良い意味でクセがなく作品に集中できる。
あっさりとした雰囲気。

読みやすさ  9点

非常に読みやすい。
スポーツマンガは絵がシンプルなのが好みである。

意外性  6点

なかなか甲子園まで勝ち上がる雰囲気が見えず連載が終了してしまった。
そこが意外だった。

臨場感or迫力  6点

絵があっさりとしている分、少し迫力などには欠ける。

お薦め度  8点

若い人たちにぜひ読んでもらいたい。
昔のスポ根野球マンガの良さが分かる。

全体性  8点

やはり未完であることが惜しいところである。
作者としては甲子園まで構想はあったようだがぜひ読みたかった。

面白さ  9点

文句なくおもしろい作品である。
ぜひ読んでもらいたい。

合計  74点

 前作と流れは同じなのにやはり面白く読んでしまう。弱いチームが頑張って努力して勝てそうにない相手をギリギリで倒すというのは人間の本質にある欲求を満たすのかもしれない。谷口たちの頑張りは勇気をくれて、明日からの活力になる。未完となってしまったのが非常に残念であるが、名作を生んでくれた作者に感謝する。

個人的な見所

 やはり五十嵐たちが高校に入学してくるシーンが盛り上がる。前作のキャラを活かせるかどうかは作者の腕にかかるものだが、この作品では無用の心配であった。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]

1コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です