クローバー【70点】

[ad#kijiue]

 

 

合計 ストーリー キャラクター 世界観 読みやすさ
70 7 8 8 6 7
意外性 臨場感or迫力 お薦め度 全体性 面白さ
6 8 7 6 7

*スマートフォンでご覧の場合は表を左右にスクロールしてください

書評

 一人が好きで孤独に生きる高校生のトモキのもとに小学校時代の親友であるハヤトが転校してきた。そしてもう一人の親友であるケンジを巻き込んだトラブル続きの高校生活が幕を開ける。
 典型ヤンキーマンガなのだが、これといった大きな目的がなく進行していく。しかし要所に山場を作り、高校生という青春時代を熱く描く。勉強そっちのけでケンカとバイトと恋愛に明け暮れる彼らの物語を楽しんでもらいたい。

試し読みをする
外部サイト「ソク読み」

 

評価点数の詳細を読む(ネタバレを含みます)

徹底評価

絵  7点

連載開始から絵があまり変化せず、上手な方だとは思うのだが目の形が似ていてキャラの描き分けが惜しい印象。

ストーリー  8点

細かいストーリーをいくつも入れていく展開で飽きさせないため高評価。
困っている人を助ける分かりやすいストーリー。

キャラクター  8点

キャラクターも良い味を出しているのだが、やはり一押しがないため少し弱い。
髪型と服装での見分け方になってしまう。

世界観  6点

平均的なヤンキーケンカマンガ。
オリジナリティのある世界観はあまり感じられない。

読みやすさ  7点

絵は上手なので読みやすい。
キャラがいまいち頭に入ってこないため少し混乱するところもあった。

意外性  6点

主人公がとても強くてボスを倒すという定番の展開。
良くも悪くも平均点。

臨場感or迫力  8点

ケンカシーンは迫力がある。
長すぎずちょうど良いので最後まで盛り上がって楽しめる。

お薦め度  7点

もう少しパンチがあっても良いと感じるのでまずまずの評価。

全体性  6点

やや長い作品であるがストーリーが様々あるので飽きずに楽しめる。
ただ、全体的にのっぺりとした印象で一味足らない。

面白さ  7点

平均点より上といった印象。
しっかりまとめきったので作品としては高評価である。

合計  70点

 最初から面白く最後まで読めるのだが、読んだ後にちょっと物足りないかもと思う作品。主人公のキャラは強烈にたっており、その他も個性的なキャラが多いのだがストーリーが多いせいか、インパクトに欠ける。また、上にも書いたがキャラの顔の部分が同じように見えてしまい、個性が少なくなってしまったのが惜しかった。日常を描くなど話の作りこみや持っていき方はセンスを感じるのでもったいない。くれぐれも絵が下手というわけではないところがマンガの難しいところである。

個人的な見所

 バイトリーダーの竹下が完全にバナナマンの日村になっているのが面白かった。それに付随して真木がバス釣りにはまっていくなど小ネタをいろいろとしこんでいるところは素晴らしい。次回作にも期待したい。

 

記事をたたむ

 

 

[ad#kijishita]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です